やまが炭

やまが炭とは

「火付きよし」「火力よし」「燃焼時間が長い」米沢牛など良質な素材を焼くのに適した黒炭

寒暖差の大きい気候風土である、山形県米沢市で育った密度の高い「ならの木」を

炭焼き職人が温度管理を徹底し、ゆっくり時間をかけて焼きます

自然豊かな環境・原材料・職人が生んだ米沢産地一貫生産の「やまが炭」

米沢牛の産地米沢市さらに美味しくどうぞ

やまがた炭が誕生するまで

米沢牛を美味しく食べるための米沢産黒炭生産プロジェクトとして始動

国産の炭づくりと若い職人の育成がコンセプト

地域の林業と販売業者が連携して、植林、伐採、炭焼きまで米沢で一貫生産

良質の黒炭「やまが炭」が誕生しました

やまが炭のネーミングについて

東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科との共同で

ネーミングからデザインまで開発するプロジェクトを進め

山形の緑豊かな山並み、 雲海のような春の山霞からイメージと良質な木材の木炭とを

物語とした名称として「やまが炭」(読み方:やまがたん)を採用しました

(平成28年11月25日付出願番号:商願2016-138 512) しています

やまが炭のデザイナーから皆様へ

パッケージは山形のブランド化と手に取ってみたくなるような

可愛い、綺麗と言って買いたくなるデザインと、持ち運びしやすい取っ手をつけた

今までにはない黒炭のパッケージデザインにしました

自分がデザインしたやまが炭を多くの人に手にとってほしいです


やまが炭の炭焼き職人から皆様へ

炭は手を抜くと絶対に良いものがつくれません

真夜中や早朝にも窯に通い、温度管理に細心の注意を払い時間かけてゆっくり焼いています

良質なならの木を使って、私が丹精込めて焼いたやまが炭をぜひ使ってみてください


やまが炭の販売者から皆様へ

山形の四季折々で育ったならの木は密度が高く、黒炭の材料に非常に適しています

ならの木と山形の炭焼き職人さんの技術が詰まったこのやまがた炭

BBQ・キャンプ・茶道をされる方など、ぜひ手軽に使っていただきたいと思います

やまが炭を知る